大判出力Q&A

大判出力Q&A

広告を屋外で使用したいのですが、耐久性や耐光性に問題はありませんか?
屋外で使用する際は、テント素材のターポリンなどのメディアに、耐久性・耐光性に優れた溶剤系のインクを使用して出力します。そうすることで、屋外耐候、耐退色に関しては4年以上の使用に耐えることが可能です。
色合わせでは、どのくらいまで素材の色に近づけられますか?
基本的にモニターでの色合わせ後に出力しますが、出力後にはお客様が液晶画面で確認したデータとは微妙に色合いが異なります。また、使用するメディアによっても違いが出てしまいます。忠実に色を再現したい場合は、データだけでなくお客様制作の出力プリントを添付してください。
どれくらいの解像度で表現できるのでしょうか?
使用する大判出力プリンタによって異なりますが、最大で740dpiまでの出力解像度で表現が可能です。そのためのデータには、100?150dpiの解像度が必要になりますのでご注意ください。
どれくらい大きなサイズまで作ることができるのでしょうか。
使用するメディアによって異なりますが、最大で5000mmまでの出力幅で制作することが可能です。通常のプリンターでは繋ぎ加工が必要なものでも1枚で制作できるため、非常にきれいな仕上がりになります。また、縫製加工をすることによって、それ以上のサイズにすることも可能です。
出力以外では、どのような加工ができるのでしょうか?
大判出力した印刷物に、用途に合わせた加工を施すことができます。例えば、タペストリーとして用いる場合には、出力したメディアの上下を袋状に縫製します。また、大型懸垂幕を制作する場合は、繋ぎ加工を施して、巨大なものにします。その他にもハトメ加工やラミネート加工など、使用する場所や目的によって加工方法を変化させます。
データ入稿をしたいのですが、どのような方法で入稿したらいいでしょうか?
データ入稿の場合は、メール・FTPでの入稿から、CD-R/RW・MOをはじめとする各種メディアを利用した入稿が可能です。大判出力に使用するデータの容量によって最適なものをお選びください。
こちらから支給した素材を使って出力することもできますか?
もちろん、お客様からの支給素材を用いて出力することも可能です。ただし、メディアによっては使用できないものもありますので、事前にメディアの種類とサイズをお知らせください。
ページトップ